regonn&curry.fm

regonnとcurrypurinがデータサイエンス・機械学習(主にKaggle)について話します。新しい働き方や量子コンピュータ、VR等寄り道もしていきます。

27. Julia 100%

2019年04月02日

MP3ファイルをダウンロード

内容紹介

れごんとカレーちゃんがデータサイエンス(主にKaggle)について話していきます。今回は、最近のJulia、オフ会、Kaggle Tips、今週のKaggle について話しています。

出演者


regonn

currypurin

Scrapbox

お題

リスナーからの質問

昨年、juliaがver1.0になり、興味を持っているのですが、具体的にjuliaのどの辺が良いのかや、オススメのパッケージなどについて、取り上げて頂きたいです!

  • 素直にコードを書いても遅くならない
    • Pythonとかだとfor文で遅くなってしまう等もあるけど、Juliaであれば、そういう制約を気にせずに書ける
    • ライブラリもpureなJuliaで書かれている場合が多い。(Python だとC拡張で書かれることも多い)
      • ライブラリの中身が読みやすいので、勉強にも丁度良い
    • まだ、Juliaが使える範囲は限られていそう
      • Kaggleでは使えない状態
      • ライブラリ等もちゃんとメンテナンスされているものを見つける必要がる段階
      • そのかわり、あまりライブラリを使わないようなアカデミックなところで科学計算分野で利用されている
    • ライブラリ
      • Flux.jl
        • ディープラーニングライブラリ
        • Julia 100%
      • PyCall.jl
        • これで、Pythonの恩恵も受けられる
        • PyCall2.0 版がもうすぐ出そう
        • Julia 100%

オフ会やります

今週のtips

  • KaggleのKernelで知らなかった使い方
    • スクリプト
      • 選択した箇所を実行できる
      • print文を書いておくと、commit後の黒い部分に表示される
    • スクリプト、ノートブック共通
      • commitした後に、そのノートブックに戻ると、変数などがリセットされずに使い続けられる

今週のkaggle

  • Signateの新コンペ
  • カレー
    • ペットコンペ
      • 銀メダル圏内に入った
    • 電線コンペ
      • 1月にやっていたコンペ
      • ResNETにLSTMのKernelの特徴を入れて、サブミットしたものが銅メダルだった。
  • れごん
    • 色々断捨離してる

次回放送

次週はオフ会があるため、おやすみ